2017年03月18日

これって水虫!?水虫の種類と症状を知る

水虫というと、足や手がかゆくなる病気だと思っていませんか。

水虫の原因は白癬菌(はくせんきん)ですが、感染した部位によって症状が異なりますし、全く別の病原菌の場合もありますから治し方も違ってきます。

そして足にできる水虫にも種類があります。

まず趾間型は足の爪の間にできる水虫で、始めは赤くなってだんだんと白くふやけていきます。

その後、ただれてからジュクジュクと液が出てきます。

角質型は踵などが固くなり、剥がれていく症状です。

汁は出ませんからほとんどかゆみもないので、水虫であることを自覚していない場合も少なくありません。

そして、小水疱型は小さい水泡ができ強烈なかゆみが出ます。

放置していると水泡はどんどん大きくなっていきます。

その前にかゆみを抑えようと薬を塗る人がほとんどです。

しかも水虫は足だけではなく手にもできます。

症状は足と同じですが、汁が出るのではなく固くぼろぼろとなることがほとんどです。

このように水虫と言うだけではどのような症状なのかもわかりません。

自分で適当に判断するのではなく、しっかりと皮膚科で診てもらうことが重要です。

水虫の治し方は皮膚科でもらった薬を塗ることだけです。

これは水虫に限ったことではありませんが、医師の指示通りに薬を飲んだり塗ったりすることが重要で、自分の勝手な判断で決めてはいけないのです。

水虫はかゆいと言うイメージがありますが、かゆくない水虫もありますし、治療を始めるとすぐにかゆみはなくなってしまいます。

しかし、それはまだ完治に程遠い状態です。

水虫は白癬菌と呼ばれるカビが足に感染した状態です。カビは皮膚の表面だけではなく、奥深いところまで広がっています。

それを完全に取り除かなければ完治とは言えません。

見た目がきれいになっただけで止めてはいけないのです。

多くの人はかゆみがなくなったら止め、その次は足がきれいになったところで止めています。

実はそれからが重要なポイントなのです。

毎日の仕事が靴を履いた状態の人は少なくありませんから、男性だけでもなく女性も水虫にならない理由はありません。

ただ、清潔にしておくことで水虫の繁殖を抑える効果はかなり期待できます。

ただ、それまでは数か月かかることは間違いありません。

短期間で完治すると書かれているサイトがあれば、それは誤りだと思ってください。

そして水虫がやっかいなのは人から移されてしまうことです。

自分で注意していても目に見えるわけではありませんから、現実的には避けようがありません。

しかし、水虫で悩んでいる人がたくさんいるのですから、いずれ日本中に水虫が広がってしまう気がしませんか。

何故、うつる人とうつらない人がいるのでしょう?

これはうつってもすぐに水虫菌が死んでしまう場合があると言うことを意味します。

水虫がうつらないようにするためには、清潔にしておくことが一番です。

足を毎日洗うことは当然ですが、家に帰ったらまず靴下を脱いで風呂場で足を洗いましょう。

特に夏場は足の指の間も洗いましょう。

当然、お風呂に入った時は石鹸で洗いましょう。

とにかく足を清潔に保つことが大切なのです!


posted by mizu at 08:00| 水虫とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

水虫はどうやって治す?酢が効くの??

水虫になったらやっぱり病院に行かなくてはいけないのか・・・?

水虫は病院の薬でなければ治らないわけではなく、自宅でできる治し方もあります。

もちろん薬を選ぶことが重要となります。

水虫になっていることを他の人に知られたくないと思っている人は多いでしょう。

特に女性はオヤジの病気のようなイメージがしているはずですから、ドラッグストアで買うのが恥ずかしいという方も多いと思います。

例えば、「酢」を使って水虫を治そうと考えている人がいるようです。

インターネットで話題となっていますが、その根拠はどこにあるのでしょうか。

病気や美容などの話題では、その根拠があいまいな場合が少なくありません。

インターネットを読んでいて、何となく効きそうな気がすると言う話がどんどん大きくなるのです。

水虫の治し方として酢を使う方法があるのですが、それには医学的な根拠はありません。

つまり、単なるうわさと言うわけです。

さらに言えば、酢は皮膚に対する刺激が強いですから、そのために逆にひどい状態になってしまう人の方が多いのです。

それなら水虫薬の通販サイトで大人気の薬を試してみましょう。

通販サイトで簡単に購入できますし、誰にも知られず購入できるのでおすすめです。

通販サイトではいろいろな種類の水虫治療薬が販売されていますので、自分の水虫の症状に一番合いそうなものを選びましょう。

もちろん、すぐによくなるわけではありませんが、1週間程度でかゆみから解放されます。

あとは治し方を考える必要もなく地道に続けるだけです。

水虫で皮膚科を受診することは女性にとって非常に恥ずかしいことなのでしょう。

男性の場合は単にめんどくさいと思っているはずです。

いずれにしても自分で治すことができれば、それが一番いいでしょう。

お風呂上がりに薬を塗るだけですから、誰にも気兼ねなく塗ることができます。
posted by mizu at 11:50| 水虫治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外と多い水虫で悩む女性。。。水虫は治る?

今や他人事では済まされない、水虫。

「水虫なんて、足のくさいオジサンがなるもの」なんて思ってませんか?

ショッキングなことに、水虫で悩む女性はたくさんいるのです。

男性はもちろんですが、女性も革靴やブーツを履いたまま1日中仕事をしている人は水虫になりやすい環境と言えます。

もちろん、水虫の原因であるカビ=白癬菌(はくせんきん)に感染しなければいいわけですが・・・。

白癬菌がどこにいるか判断することはできませんから、いつも感染の可能性があると言うわけです。

結果として水虫ができてしまうと、治し方がわからずに悩むことになります。

インターネットで治し方を調べてみるとたくさんの薬や治療器具がヒットするでしょう。

どれが一番いいのか判断することは簡単ではありません。

適当に人気がありそうな薬を使ってみることでしょう。

注意しなければならないのは間違いなく水虫かどうかと言うことです。

何となく足がかゆければ水虫だと思っている人が多いのですが、同じカビでも種類が違えば薬の効き目も変わってきます。

菌の種類に応じた薬が必要となるのです。

そのためには皮膚科でも調べてもらうことが必要です。

検査をすればすぐにわかりますし、最適な塗り薬を処方してもらいます。

水虫の悩みなど人生の中では大した問題ではなく、正しい治し方を知らないことが問題なのです。

毎日、お風呂上がりの清潔な足に薬を塗りこみましょう。

毎日塗ることがポイントです。

白癬菌は簡単に死滅しません。

完治したと思って薬を止めるとまた元に戻ってしまうのはよく聞く話です。

水虫が治らないと思っている男性は少なくありません。

自分の水虫は若い時からずっと飼っていると当然のように話す人もいるほどです。

ただ、現実問題として水虫ではない人の方が多いのですから、きちんと治療をすれば確実に治るのです。

つまり、治し方をわかっていないことが原因なのです。

一番注意しなければならないのは、どのくらいの期間を治し方として考えておかなければならないかと言うことです。

短くても3か月、ひどい場合、半年は薬を付けておかなければなりません。

途中で止めてしまうと、せっかく治りかけた水虫がまた広がってしまうのです。

水虫ができていても日常生活に支障はありません。

かゆみを我慢すればいいだけです。

ただ、どうしても我慢できなくなった時だけ薬を塗っている人がいます。

治す気がないのでしょう。

女性の場合は水虫であることを他の人に知られたくないと思いますから、こまめに薬を塗り続けます。

結果として早く治ります。

治し方が違うわけではないのです。

男性と女性で水虫の発生状況は変わりません。

家族の中に水虫の人がいれば、他の人が迷惑をしてしまいます。

足拭きマットから感染が広がる場合も少なくありません。

ただ、お風呂から上がったばかりの時は足が清潔になっていますから、感染しないことも多いようです。

水虫の治療薬はたくさん販売されています。

どの薬を使ってもいいのですが、続けることが重要と言う点は変わらないのです。
ラベル: 白癬菌 水虫 女性
posted by mizu at 10:05| 水虫とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。